• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

整形外科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

診療方針

診療方針

 救急医療の場では欠かせない骨折や脊髄損傷、QOL(生活の質)の向上に伴い多様化しつづけるスポーツ障害、高齢化に伴い増え続ける運動器障害。整形外科疾患の分野は拡大し続けています。「国民生活基礎調査の概況」でも、男女とも腰痛・肩こり・手足の関節痛などの四肢・体幹の整形外科関連の愁訴が圧倒的に多く、整形外科領域の疾病の重要性が伺われます。

 整形外科は、四肢、脊椎を含んだ運動器の広汎な範囲を包括する診療科です。脊椎・脊髄疾患、リウマチ性疾患、末梢神経障害、上肢の疾患、変形性関節症などの退行性関節疾患、スポーツ外傷・障害、骨軟部腫瘍、骨折・脱臼などの外傷性疾患の保存的および外科的治療を行う運動器の総合診療科です。

 WHOは、21世紀の初頭を「骨・関節の10年」として骨・関節疾患の予防・治療が全世界的に重要であると活動を展開しています。我が国でも高齢化社会を迎えてQOLの向上に関心が寄せられています。私たちの診療科では、診療においては患者さんの立場と心をよく理解し、一人でも多くの方の機能の回復が得られるように努めております。

 当科では、過去38年にわたる実績のあるリウマチ性疾患に対する外科的治療(人工関節、滑膜切除、関節変形の矯正など)の活動を温存しつつ、骨・軟骨移植術、関節鏡手術にもその活動域を拡大しています。また、スポーツ外傷性疾患や関節疾患、脊椎疾患などの増加による需要に対応するため、それぞれの分野に十分な技量を持った専門医を配置しています。

 総手術件数では平成8年(1996年)に373件であったのが、平成27年(2015年)には、ほぼ2倍の786件に増加しました。特に関節鏡手術、人工関節の手術数が大きく増加し、平成27年には150件の関節鏡手術、162件の人工膝・股関節手術、197件の脊椎外科手術が実施され、近隣の国公立大学附属病院と同等もしくはそれ以上の手術件数が実施されています。膝関節疾患、リウマチ性疾患、脊椎疾患、肩関節疾患が主な症例です。

特に優れている点
  • 脊椎手術における難易度の高い症例の多さと、手術成績が優れています。
  • 人工関節手術では、低侵襲手術と深屈曲可能な関節手術を行っています。
  • スポーツ医学では、関節鏡による小侵襲手術の良好な成績を得ています。
  • 関節軟骨損傷に対する軟骨移植では日本のトップレベルです。
  • 鏡視下肩関節手術では、近隣の大学附属病院や主要病院と同等もしくはそれ以上の手術件数が実施されています。

専門分野・特に高度な領域

スポーツ傷害外来

 骨軟骨移植術(モザイク形成術)や鏡視下十字靭帯再建をはじめ、関節鏡を用いた小侵襲治療を数多く手がけています。早期のスポーツや社会復帰を可能にしています。

関節外科外来

関節外科外来

 変形性関節症を中心に患者さんに適した治療法(保存療法・手術療法)の提供を行っています。関節鏡手術や人工関節手術を主として、質の高い医療を提供しています。

リウマチ外来

 薬物療法において、生物学的製剤を含めた最新の治療法の提供を行っています。高度に破壊・変形した関節に対して、人工関節を用いた再建を多く行っています。

脊椎外来

脊椎外来

 高度に変形した症例を始め、広範な脊椎疾患の手術療法を手がけています。特に高度な技術を要する上位頸椎固定術は滋賀県で唯一導入された3Dナビゲーションシステムでより安全、かつ迅速な手術を実現しています。

肩・肘関節外科外来

 腱板断裂や反復性脱臼に対する一般的な鏡視下手術をはじめ、修復不可能な広範囲腱板断裂には広背筋移行術や鏡視下パッチ形成術、上方関節包形成術を行っています。肩腱板断裂に対する関節鏡視下手術は平成25年には滋賀県下で208例の肩関節内視鏡手術が実施されましたが、その80.0%(166例)が滋賀医大および関連病院で実施されています。

手外科・腫瘍再建外科外来

 腫瘍切除、化学療法、放射線療法など一連の腫瘍外科治療を行っています。腫瘍摘出後には、顕微鏡手術技術を駆使した高度な技術を要する腫瘍摘出後再建術を実施しています。その他、腕神経叢損傷の神経再建・機能再建、末梢神経障害に対する小侵襲手術や機能再建などを手がけています。

最近の話題

 従来治療が困難とされてきた関節軟骨損傷に対する軟骨移植術(モザイク形成術)は、本邦で最も多くの症例を手がけており、この方面での我が国のリ-ダーシッブを取っています。

 腱板がなくても肩拳上が可能なリバース人工関節置換術の認可が平成25年4月に本邦で初めて降りた事は、人工肩関節を要する患者さんにとって画期的なニュースでした。当院および関連施設では本邦では初めてこの手術を導入し、近隣の大学附属病院や主要病院と同等もしくはそれ以上の手術件数が実施されています。

 変形性膝関節症に対しては、出血量も少なく、術後に深い屈曲が可能な人工関節手術を行っています。その結果、術後の痛みの軽減や早期のリハビリテーションが可能になっています。

 肩関節内視鏡手術については、平成19年から25年までで当院および関連施設で567例の肩関節内視鏡手術が実施されていました。滋賀のみならず、京滋でも最も豊富な治療経験を有する施設として地域医療に貢献しています。

 また、脊椎圧迫骨折後の高度変形や脊椎変形や側背を伴った高度脊椎変形に対し、脊椎骨切りと脊椎インスツルメンテーションを併用した手術を行い、好成績を得ています。ナビゲーション技術を利用して、極めて安全て精度の高い脊椎手術を導入しています。

特に紹介を受けたい対象疾患

  • スポーツ傷害(膝半月・靭帯損傷、投球肩)
  • 変形性関節症および関節軟骨損傷:軟骨移植や低侵襲人工関節手術症例
  • 関節リウマチ
  • 脊柱管狭窄症
  • 頚椎症、リウマチ性脊椎炎
  • 反復性肩関節脱臼、投球障害肩(SLAP障害)
  • 高度変形性肩関節症、広範囲肩腱板断裂
 

お問い合わせ先