• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

血液内科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

診療方針

カンファレンス

 木藤克之診療科長(病院教授)、南口仁志講師(輸血部)、河原真大講師(血液内科)、岩佐磨佐紀特任助教(輸血部) 他全7名のスタッフで診療に当っています。
血液内科は、広く全般的な内科学の知識と技術を持ちながら、より専門性を高めていくという「T字型医学教育」の信念に基づいて全人的医療の実践に努めています。同時にチーム医療をモットーとしており、2001年から血液カンファレンスを毎週開催しています。すなわち、すべての入院患者さんに関して、すべてのスタッフ(血液内科医、感染制御部医師、病棟看護師、病棟薬剤師、血液検査技師、輸血部技師、管理栄養士、理学療法士、社会福祉士など)と病気特有の症状、治療内容、効果と副作用、栄養、睡眠、さらには家庭環境、仕事、学業などに関して患者さんの情報を共有し、一人ひとりの患者さんを全人的にサポートしています。

 対象疾患は白血病(年間約20例)、悪性リンパ腫(年間約50例)、多発性骨髄腫(年間約20例)などの造血器悪性疾患、難治性血液疾患(再生不良性貧血や特発性血小板減少症など)や感染症治療(HIV/AIDSなど)です。
さらに県下の基幹病院に日本血液学会専門医を配し、密接に連携して診療にあたっています。

診療内容・専門分野

造血幹細胞移植

 日本血液学会認定研修施設、日本輸血学会認定研修施設であり、日本骨髄移植推進財団(骨髄バンク)認定非血縁者間骨髄移植施設ならびに骨髄採取施設です。1991年から2016年までの移植総数は約450例です。
病棟には準無菌管理個室3室と完全無菌管理個室2室を備えており、積極的に造血幹細胞移植療法を実践しています。
骨髄移植では大量の抗癌剤と全身放射線照射を行うことから、以前は若年(50歳以下)で比較的状態の良い患者さんが対象とされてきました。しかし、近年、前処置を軽減した幹細胞移植(骨髄非破壊的幹細胞移植、ミニ移植)が導入され、移植対象年齢も60歳前後にまで引き上げられ、また合併症のために従来の移植が受けられなかった方にも受けていただくことができるようになりました。
しかし、移植療法は、移植することが最終のゴールではなく、その後の患者さんの経過がとても大切です。そのような考えから、移植後10年20年経った患者さんについて定期的に外来で検診させていただくと同時に担当看護師によるカウンセリングを開始しました。すなわち、単に生存率を評価するのではなく、QOLを維持した上での生存率を大切に考えています。

骨髄採取 カウンセリング
急性白血病

 医療の急速な進歩により、白血病における遺伝子異常の解析が進み、それが予後予測や造血幹細胞移植適応の可否に有用であることが判明しつつあります。当科は早くからJALSG(日本成人白血病治療共同研究グループ)に参加しており、現在は急性骨髄性白血病における染色体異常•遺伝子異常の解析に関する観察研究や急性前骨髄球性白血病に対する亜ヒ酸、マイロターグを用いた寛解後治療、急性リンパ性白血病に対する多剤併用第二相臨床試験など、JALSGの臨床研究に積極的に参加しています。

骨髄異形成症候群

 高齢化に伴い、骨髄異形成症候群の患者さんが多くなっています。根本的には造血幹細胞移植しか治療法はなく、実際には輸血などの補助療法しかなかったのですが、最近では遺伝子DNAのメチル化を阻害することで進行を抑制することが期待されるアザシチジンの登場より、高リスク群で生存期間の延長が、また低リスク群においても輸血回数の減少などの効果が認められています。当科においても積極的にアザシチジンによる治療を行っています。

多発性骨髄腫

 多発性骨髄腫も高齢者に多い造血器悪性腫瘍で、以前は確立された治療法がありませんでしたが、プロテアゾーム阻害剤(ボルテゾミブ)の出現以来、サリドマイド、レブラミドなどの新規薬剤が相次いで発売され、それら治療薬を組み合わせることで治療成績が飛躍的に改善しています。当科ではVRD療法(ボルテゾミブ、レブラミド、デカドロン)を軸とした化学療法の治療戦略を実践しています。また主に65才以下の患者さんを対象として自家末梢血幹細胞移植を取り入れた強力な化学療法を計画的に実施し、完全治癒を目指した治療戦略の検討を行っています。

 

医療機関の方へ

 積極的に非血縁者間造血幹細胞移植を実施しております。非血縁者間骨髄移植、末梢血幹細胞移植さらには臍帯移植を希望される患者様がおられましたら、是非ご紹介ください。また多発性骨髄腫症例についても、臨床研究を進めています。
さらにHIV・エイズ症例についても中核拠点病院として積極的に診療にあたっています。いつでもご相談ください。

お問い合わせ先