• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

検査部

スタッフ紹介

診療・業務内容

基本方針

 検査部は、病理部及び輸血部と合同運営を行い、医師・臨床検査技師のスタッフが臨床検査業務(検体検査及び生理機能検査)を行っています。
臨床検査は、病気の診断、治療方針の決定及び経過観察などを行う上で重要な指標となります。スタッフは診療支援及び患者サービスの向上を目指して、迅速で精密かつ正確な検査結果を報告しています。
また、質の高い技術や知識を持った認定資格取得技師などによって大学病院での教育・研究支援を行うとともに、地域基幹病院の最終医療機関として地域医療に貢献していきたいと考えています。
検査部では、診療科独自の特殊検査を除き、外来および入院患者さんの検査全般を受け持っています。教授以下の医師スタッフは、特に病理組織診および細胞診について精通しており、検査のみならず、臨床医の要望に応じてコンサルテーションにも対応しています。
また、緊急検体検査、救急外来患者に関する輸血検査(血液型検査および交差適合試験)については、24時間対応で診療支援をしています。

基本方針

基本方針

検体検査

    検体検査は、採取した血液、尿、髄液などの材料を自動もしくは用手法で測定分析します。
  • 血液・化学・免疫血清検査:
    分注・測定を自動的に行う診療支援迅速検査システムで測定し、多様化・高度化した検査対応をするとともに、検査の迅速化、検査精度の向上などに努めています。
  • 形態検査:
    血液標本を顕微鏡で観察し、貧血や血液疾患などの情報を検査結果として報告しています。
  • 微生物検査:
    患者さんから採取された材料(尿、喀痰、便など)を用いて、顕微鏡検査、培養検査、免疫検査や遺伝子検査などを駆使して、感染症の原因となっている細菌を明らかにして、治療に有効な薬を調べます。検査の結果は、患者さんの今後の治療方針に役立てるとともに、院内感染を防止するために迅速に報告しています。

検体検査

検体検査

すべての検査情報は、医療情報システムで患者情報として一元管理しています。また、緊急検査、輸血検査の24時間体制を実施するとともに、感染制御チーム(ICT)及び栄養管理サポートチーム(NST)などのチーム医療に積極的に参画しています。

生理機能検査

 生理機能検査は、患者さんの身体機能を調べる検査です。心電図、負荷心電図、ホルター心電図、脳波、筋電図、大脳誘発電位検査、呼吸機能検査、超音波検査(心臓、頚部血管)などがあり、検査依頼は予約オーダーリングシステムで行い、生体情報に関する情報を検査結果として報告しています。
心電図では自動解析装置による診断と画像の報告閲覧、超音波検査では画像ファイリングシステムとの連携による画像報告閲覧システムを構築し、診療に役立つ結果を迅速に提供するとともに患者サービスの向上に努めています。

最近の話題

お問い合わせ先